農業者は自然の猛威に一度たりとも負けたことはない。

今回の台風は中部から東北にかけて広い範囲で猛威をふるいました。

田畑が浸かってしまったという方も多かったと思います。

そんな中、山形の農家さんの投稿に震えました。

初代 葱師 清水寅

この方も近くの最上川が氾濫し45万本の葱が水没損害額は1500万~2000万。

以下、抜粋になります。


写真を見てわかる通り、今回の台風19号で最上川が氾濫し約45万本の

葱が水没しました。損害は約1500万~2000万。

ここまで来るのにどれだけの人の努力があったか。それがたった一晩の大雨でこうなります。

”神様は信じていいが、頼ってはいけない”

リアルにこれを何度も体験してきたから言える。

いくら願ってもダメ。行動しなければ。

最上川の氾濫は6年ぶりかな。

6年前と7年前連続でやられた。

その時自然界に

諦めないことの大切さを、

挫けないことの大切さを

自分の無力さを教わった。

落ち込み、立ち向かう勇気さえなくしかけた。

しかし、あれから6年。

よくぞ来てくれたと言ってもいい。

俺達、農業者は自然の猛威に一度たりとも負けたことはない。

実質的に被害があることは認めよう。

だが、立ち向かう勇気を無くした事は

一度たりともない。

倒れたのであれば、起こせばいい。

泥が入ったのであれば、取ればいい。

折れたのであれば、加工すればいい。

どうしようもなければ、人を頼ればいい。

当然起こるべき事と認識し、この場面を

想定し、農学博士・微生物博士・販売店・加工屋・銀行・保険・会計士達と打ち合わせを重ねてきた。

俺たちは”農業経営者”である。

何が起こるかわからない職業。

それを理解、認識し、あらゆる予測を立て想定しどんな自然災害にも立ち向かえる

準備をしておかなければならない。

今回の災害に対して

農業者として正面から立ち向かう。

諦めない。

決して諦めない。

自然の猛威よかかってこい。

諦めない。

決して諦めない。

自然対農業者の戦いだ。

農業者一人一人の行動が全国の戦っている同志達の勇気になると思う。

さぁリベンジだ!!

初代葱師


こんな局面でのこの投稿。

こういう農家さんたちの役に立ちたい!!応援したい!!

そう考え篤農家応援プロジェクトを始めました。

篤農家応援プロジェクトとは

2015年に日比谷公園でお会いした時の清水さん。

ねぎびとカンパニー